こんなにたくさん?手術における怖いリスクとは

克服するのに時間を要することも。

中絶後、精神が安定しないと感じた時は散歩やヨガをしてみましょう。心に集中することができ、ストレスのない空間でリラックスができます。

リスクは必ずある。中絶をする前に知っておきたい事

初期におけるリスク

中期中絶と違い、初期中絶は手術方法もシンプルで日帰りが基本です。母体への負担が少ないため、回復も早いでしょう。反面、初期中絶でも全身麻酔が必要で呼吸停止や血圧低下等のリスクが伴います。下手な医師にかかると子宮内を傷つけてしまい、感染症を引き起こすことも。そのためクリニック選びは慎重に行なうことが大切です。

中期中絶のリスク

初期中絶とは異なる方法で手術をする中期中絶。普通のお産と変わりないやり方なので心が折れる患者さんも少なくありません。心の負担もそうですが身体への負担が大きいのも事実です。中でも子宮破裂は、強烈な陣痛が発生する危険な状況です。場合によっては妊娠ができなくなる可能性もあるので、細心の注意を払って錠剤を使用する必要があります。

妊娠に大きな影響を与える

基本的に中絶手術の影響で子供が授かれないわけではありません。ただ、子宮内感染による癒着や何度も中絶をした影響で子宮内膜に悪い影響が及ぼすので不妊に繋がることはあります。

こんなに沢山!おすすめの避妊具

no.1

薄さが自慢のゴム

薄さ0.02mmのコンドームはゴム嫌いのパートナーにもおすすめ。肌のぬくもりがしっかり届くので最後まで楽しめますよ。

no.2

ゼリーがポイント

温かいゼリー付きのコンドームは空気を抜かずにすぐ使えるのが最大の特徴。違和感なくつけられるので重宝する人が多数います。

no.3

たっぷりのジェルで飽きさせない

ジェルが塗布されておりいやなゴム臭もありません。従来の商品よりもサイズが大きいので外国人の方から人気です。

no.4

敏感な人にぴったりのゴム

早漏だと悩む男性に人気なのが分厚いタイプのゴムです。とても丈夫なので行為中に破れる心配は一切ありません。

no.5

夜でも分かりやすい光るゴム

キュートなパッケージが目印のゴムは暗闇の中で光るので挿入の時に便利です。うす型で潤いを与えるゼリー付きなのも嬉しい特徴。脱落防止がついているので避妊具としてもパーフェクトです。

広告募集中