予想外の妊娠をした時に中絶が思い浮かんだら情報収集を行いましょう。

処置が遅れないために

早めの受診を

様々な事情で子供を産めないと思った時、中絶を意識するものです。また、中絶するかしないかの間で悩み苦しんでいる人もいるはず。時間をかけて決断を下したいと思っても胎児はすくすくと育っています。受けられる時期はいつまでなのか、母体への負担を考慮するにはどのタイミングで決断すべきなのかを知ることはとても大切なことです。

適切な時期を知ろう

母体保護法に定められた通り、中絶手術をする時期は妊娠22週目までになります。継続するか、それとも手術をするか悩んでいるとこの時期はあっという間に過ぎてしまいます。また、タイミングを逃すとよりリスクが上がり、母体に大きな負担がのしかかります。理論的な問題としては22週目を大幅に過ぎると母体保護法ではいかなる理由でも手術を認めていません。これは手術を担当する女医からも詳しく話があります。

受けられる病院はどこ?

産婦人科ならどこでも受けられるわけではなく、女医や男性医師が中絶手術の指定医であるかが重要です。それ以外の病院で受けると何らかのトラブルが発生する可能性もあるため、なるべく指定医のいる産婦人科で手術を受ける事がおすすめです。また、自宅や最寄り駅から近い場所を選んでください。万が一入院が必要になった時、家族やパートナーの協力が得やすくなります。

心配される後遺症の有無

基本的に中絶手術をしたことで後遺症はないとされています。また一度の手術で妊娠しづらくなることもなく、その後も子供を妊娠することができますよ。ただ、女性の身体の仕組みはとても複雑です。中絶手術を受けたことでホルモンバランスが崩れたり、心的外傷後ストレス障害になったりする可能性もあります。女医なら同性なので中絶への不安を伝えやすいでしょう。そのような意味ではとても心強い存在です。

手術前はとっても不安。だからこそ疑問は解決すべきです。

女医のいる病院を探しているのですがありますか?

質問者様のように、女医のいる産婦人科を探される方は沢山います。特に中絶手術においては男性医師より女医の方が不安や疑問を投げかけやすくなります。初めてでも安心して通える点から、最近は女医がいる産婦人科も増えています。

妊娠したことを中々言い出せない。どうしたら?

予期せぬ妊娠は誰だって焦りますが、妊娠22週目を過ぎて手術ができなくなるともっと大変です。ですから勇気を出して相談をしましょう。

手術の痛みはどのくらいありますか?

中絶手術をする前に全身麻酔を施すため、術中目が覚めない限り痛みはほぼありません。ただ、術後子宮が元に戻ろうとするので月経痛は少なからずあります。

手術後の生活で気を付けることはありますか?

子宮が完全に戻っておらず、体調が優れないようならゆっくり休息をとる必要があります。ただ不眠に陥る可能性もあるため、長引くようなら相談が必要です。

生理はいつ再開されますか?不安です。

月経のリズムには個人差があるので、一概に言えません。多少前後した場合だと術後40日程で生理が再開するケースもあります。

中絶手術の前に知っておきたいアレコレ

気持ちの整理がついたら予約

やむを得ず中絶を決めた時は何でも話せる女医のいる産婦人科か、指定医のいるところで手術の予約をします。また、8時間前から食事を一切摂らないようにしましょう。中絶手術には静脈麻酔が必要で、胃の中に食べ物があると無意識に嘔吐したり気管や肺に内容物が入り、最悪窒息死する恐れがあります。ただ脱水症状を抑えるために少量の水は摂取します。

費用と当日の話

分娩経験や妊娠週数で変わってきますが、初期の場合7万円から15万円が相場です。また、胎児が大きくなると普通分娩と同じように30万円かかります。医師からは手術当日に詳しい話があります。付き添いの方もしっかり聞くようにしましょう。

いよいよ手術当日

クリニックが用意したガウンに着替えて、手術台にのぼります。中絶手術終了後、速やかに水分補給ができるよう事前に飲み物を用意している場合もあります。負担の少ない手術方法を採用するクリニックでは子宮頚管を開いての処置を行っていません。小回りの利く器械を使った手術なので痛みもほぼなく、眠っている間に完了します。

手術後はなるべく控えて

中絶をした身体はとてももろいものです。そのため、当日は車や自転車の運転をなるべく控えるようお願いしています。手術後身体には大きな負担を負っているので安静にしてください。寝る前のシャワーは特に問題ありません。翌日から仕事復帰も可能です。ただし、ハードな仕事は極力避け、できるだけ負担の少ない業務にしましょう。

三日目から出血がある

子宮内に溜まった血液が出てくることもありますが、次第に減っていきます。その時、下腹部に強い痛みを感じる事がありますが、病院で処方された薬や市販薬で様子を見てください。自然と回復していきます。数週間出血が続くようならクリニックを受診しましょう。

広告募集中